教 育 目 標

 生徒が生涯にわたって望ましい成長を続けていく基盤となる力を育て、心身ともに調和のとれた人間形成を図ることができるよう、本校の校訓をふまえて以下のような生徒の育成に努める。

校訓(学校目標)

   聡く,明るく,たくましく,         
     未来に大きくはばたこう!

                         <理想とする生徒像>

(1) 知 育 「聡  く」・・・・・・知恵を発揮し、工夫する生徒の育成
(2) 徳 育 「明るく」・・・・・・明るく、心のやさしい生徒の育成
(3) 体 育 「たくましく」・・・・全力で取り組む、たくましい生徒の育成
(4) 国際性 「未来に大きくはばたこう!」
               ・・・・・世界や未来に向けて、積極的に働きかける生徒の育成  



本年度の努力点

ともに学び ともに高めあおう
〜 対話を重視し、主体的に学ぶ力の育成 〜

<取り組みや活動>
  @ 主体的・対話的な学びを通して「育成したい力」を明確にする。
  A そのための手立てを工夫する。
  B 実践を振り返り、生徒の変容について確認する。